オンライン英会話体験記!

産経オンライン英会話無料体験2回目!

産経オンライン英会話の無料体験は2回ありますんで今回2回目を消化。

 

今回選んだのはMinerva Cao先生。日本での就業経験もあり、日本語能力試験(JLPT)N4ホルダーでもあります。

 

趣味がカラオケってことで選んだフシもありますが、前回の失敗を踏まえて教材を使ったレッスンに。

 

Minerva Cao先生 「ハロー」

 

俺 「ハロー、こんにちは」

 

Minerva Cao先生 「こんにちは」

 

(∩´∀`)∩オォ♪日本語いけそうだね。

 

最初にこちらから、「日本で働いてたの?」「日本には何年くらいいたの?」とか軽く、片言の英語で質問。

 

日本にいたのはもう10年以上前で、音楽活動とかもやっていたそうです。

 

で、こちらの自己紹介をしたところで

 

Minerva Cao先生 「テキストを使ったレッスンでいいんですよね?」と

 

俺 ええお願いします。

 

で、日常会話から「I’m sorry for being late」のテキストを選び、テキストに沿ったレッスンをしてもらいました。

 

産経オンライン英会話のテキストはシチュエーション別に用意されていて非常に内容のいいものだと感じました。

 

フリートークは日本語の通じるワールドトークで慣らし、旅行やホテル、ショッピングやレストランなどのシチュエーションを想定したやりとりは、こういった教材を使って、講師と疑似体験してみるのもいいなと思いました。

 

で、ザラっとテキストを終えて、日本語を交えながら雑談して終了。

 

1つ1つのテキストの内容自体は、そんなに難しい内容ではないので、やろうと思えば1回のレッスンで3つ4つ進められそうです。

 

うん。教材を使ったレッスンも、シチュエーションを想定した新しい表現を覚えられてやっぱ必要だな・・・。

 

テキストを使ったレッスンも検討しよう。(o^―^o)ニコ

 

 

Minerva Cao先生
タイプ 明るくフレンドリータイプ
おすすめ度  

 

今日学んだ使える英会話キーフレーズ〜英語でなんていうの?〜

 

Oh, that's awful. 「それは大変だ」

 

 

 

 

 

 

関連ページ

産経オンライン英会話の無料体験してみた!
オンライン英会話を通じて本当に英語がしゃべれるようになるのか?を記録したサイトです。